世界への挑戦 CHALLENGE TO THE WORLD

スペシャルフォース Special Force

  • 2008
  • 2009
  • 2010
  • 日本代表決定戦
  • 世界大会
  • WCG

原宿クエストホールで行われたスペシャルフォース日本代表決定戦2011。そこで強豪クランを相手にギリギリの戦いを制し、常にTOPにいる選手としてのプレッシャーをはねのけ、日本代表の座をつかみ取った「UHS Athlete」。その「UHS Athlete」のプロフィールをあらためて紹介しよう。

メンバープロフィール

プロゲーマー "Japan Style" YUTI

NHN PlayArt 公認プロゲーマー。
日本でTOPのM4A1アタッカーといっても過言ではない。
裏表の無い言動でファンも多い、UHS Athleteのクランマスター。
世界大会は4度目。
今年こそ優勝の二文字を日本に持ち帰る、と宣言。

プロゲーマー "世界を撃ち抜くスナイパー" SPYGEA

NHN PlayArt 公認プロゲーマー。
そのスナイピング能力はまさしく世界に通用する。
世界中のプロプレイヤーからもリスペクトされる腕前の持ち主。
世界中に彼のファンがおり、そのイケメンぶりが光る。
インドネシアでも彼の活躍が期待される。

"神"指揮官 AKIRIS

UHS Athleteの指揮官を担当。
頭脳の勝負であるe-Sportsでは、心理状態が試合結果に
現れやすいと言われるが、どんな状況でも動揺せず、
落ち着いて指示を出す。彼が"神"指揮官と呼ばれる所以であろう。
今年は去年まで使っていたAK74ではなくM4A1での参戦。

オレが"エース"だ! NYAPPY

UHS Athleteの前身「Racpy」のエース「Kid」に代わって
チームに合流したNYAPPY選手。
最年少ながらその腕前はまさしくエース。
スペシャルフォースをいつも楽しそうにプレイしている姿が印象的。
頼もしいアタッカーである。

スペシャル"シャイ"ボーイ RKP

一時はスペシャルフォースの引退も考えていた、というRKP選手。
再び世界への意欲が湧き上がり、UHS Athleteに合流。
リアルではシャイな彼だが、試合が始まると
その表情は戦士の顔に変わる。

「UHS Athlete」スペシャルフォースインタビュー

久しぶりに燃えました

今日はお疲れ様でした。優勝おめでとうございます。
今日の試合結果を振り返ってどうですか?

AKiRis :久しぶりに燃えましたね。もっと余裕で勝てるかなと思ったけど、
対戦チームが強くて。
今までにない緊張した試合で、みんな一致団結できてよかった。
一試合目は、全員あまり調子よくなくて、衛星の負けのときは、
全然みんな本来のプレイができてなかった。そこがすごく悔しいです。

なるほど。Yutiさんはどうでしたか?

Yuti :やっぱり一番苦戦したのはEmotive Moment(以下EM)。最初トレインとって、衛星負けちゃって。2マップ目でEMが勝ってるから、
ノリに乗ってて、向こうが有利だな、と。3マップ目、前半3-4で取られて、そこから落ち着いてみんな動けるようになって、とりなおして。
ただ、白熱しすぎて、試合終わった後のコメントがあたま真っ白になって出て来ませんでした(笑)
何も言えないんですよ。試合に集中しすぎたせいで、試合後のコメントが考えられなくて。あんなに本気で試合したのははじめてです。
何も考えられないくらい、ほんとに余裕がない状態での試合でした。プレッシャーもあったし。負けられないっていうのも。

意地でも追いついてやる

Yuti :vouLus戦は1マップ目で相手のミスがあって。ミスがなかったら僕らは負けてました。

最後、すごい追い上げでした。

Yuti :vouLus戦の前半、3-4でおりかえして、後半が5-2で逆転しました。
1マップ目、あと1本取られたら負けってところで、4連続で取り返して。意地でも追いついてやる!って感じで。
相手のミスを逃さず全部取ったというのが大きかったですね。
2マップ目はvouLus側のテンションが落ちている感じでした。
1マップ目が接戦で勝てたので、そのままの勢いで勝利することができました。

続いて、Rkpさん。どうでしたか?

Rkp : ・・・。いやー。1試合目、正直、ちょっと、やばいなって思いました。
はじめての感じでした。なんか、こう思ったらあかんのやろなって思ったんですけど、負けるんじゃないかなっていうのも頭に浮かんだと言うか。それくらい必死でした。

(Rkpさんが)活躍できるシーンもありましたよね?

Rkp :そうですね・・・ポジション的にはそういうところなので、はい。

負けるかも、そう感じるくらいの雰囲気はたしかにあったと思います。では、NYAPPYさん。

NYAPPY : 感想ですか。そうですね、EM、2マップ目の衛星で取られて、次のラウンドも接戦でまけるのかな、って思ったんですけど。
Yutiが僕のとなりで、「次取ろう、次取ろう」ってずっと声かけて、チームの士気をあげてくれたんで、勝利につながったと思います。

勝ったのは、Yutiさんのおかげ、と。

Yuti : NYAPPYの口からそんな言葉が出るとはおもわなかった(笑)
vouLus戦のとき、NYAPPYがたしか1on1のラウンドを2回とったんですよ。
あーいうの、やっぱエースだなって。

じゃあ、つぎは・・・。

SpyGea : いま、ぼくなんも考えられないんですよ(笑)
朝から何も食べず、今日レッドブル2本で、
ハイオク満タンだったんですけど、いまちょっとクールダウン中で、ま、
そんなことどうでもいいんですけど(笑)

普通は勝った後は勝利者インタビューがあるんです(笑)

SpyGea :今日出た参加チームは、オフライン経験が多いチームだったので、やっぱり手ごわかったです。
「UHS Athlete(以下UHS)」はその手強い相手に対して、声だしたり、始まる前に円陣組んでモチベーション高めたり、
意識作りというか、気持ち作りから徹底してたと思うので。
そういう面でEM戦もあぶなかったけど、なんとか3マップ目も勝利することができて、優勝につながったと思います。
あとは、会場にいた皆さんの応援も聞こえたので、そういうのも力になったのかな、って思います。

試合前のじゃんけん

1戦目はぎりぎり。2戦目も危ないところもあったんですが、今回見事優勝になりましたね。
前日にネットカフェで練習したと伺ったんですが、その成果はありましたか?

Yuti :みんなで集まってみんなで練習するという機会は、めったにないのでプレイできたのはよかったです。
座席は、2人、2人と1人で別れてプレイしました。

SpyGea :試合の前に会えたんで、気持ちが安心したというか。そんな感じはします。

Yuti :ぜんぜん関係ないですけど、vouLus戦でじゃんけんにかったのは地味に大きかったです。
EMのときは攻めと守りが苦手なほうが連続できてたんで。トレインも、衛星も。そういうじゃんけんでの勝負も重要でした。

パー出すって言ってグー出して。観客席がどよめいてましたよ、すごいことやってのけた!って(笑)

Yuti :勝負は試合の前から始まってるんです(笑)

このメンバーじゃないとぜったい勝てないっす

それでは、最後に。インドネシアで行われる世界大会の意気込みを。

AKiRis :自信はあります。Racpy解散してからUHSでやりはじめて、すごいレベルあがってると思うんで。
SpyGea、Yuti、NYAPPYくん、Rkpも。 いまのまま、ちゃんと練習すれば、行けるんじゃないかなって思います。

何位ですか?

AKiRis :たぶん2位までは行けるんじゃないかな。
僕らけっこう動きの面で合うときと合わないときの差がすごく激しいんで、そこがきっちりかみあえば勝てると思います。

今日は噛み合わなかった感じ?

AKiRis :今日は噛み合わなかったです。vouLus戦の終わりは良かったですけど。

Yuti :vouLus戦は作戦がピッタリはまったので。
衛星で僕がひとりで屋上で陽動して、センターにあがって
上に行くように見せる作戦をやったんですけど、
vouLusが全員で屋上に行ってくれて、
その間に下で、設置して。 それでラウンドが取れたっていうのがありました。
正直、あの速さで攻めて来られてたら、ホントに上にいってたら死んでました。
そこは読み合いと言うか。作戦勝ちでした。

世界大会では、そういう連携が噛みあえば勝てると。

Yuti :神指揮官が僕達を引っ張ってってくれると思うんで。

AKiRis :(だまって首を横に振る)

Yuti :いつの間にか最年長になってる(笑)

NYAPPYさんはどうですか?はじめての世界大会ですが。

NYAPPY :楽しみですね。
海外では台湾のプロチームとしか戦ったことがないので、他の韓国とか中国とか、いろんな国の人と戦えるのは、楽しみです。

頼もしい。では、SpyGeaさん。

SpyGea :そうですね・・・。
毎回オフラインで強いチームとたたかってきて、チームの弱点をだんだんなくしてチームがベストの状態になってきたとおもってるので、
世界大会行く時に、日本のお客さんの応援で、モチベーションが高められれば、勝てるんじゃないかと。いっぱい応援してください(笑)

応援してあげてください(笑)では、Rkpさん、世界大会は3回目ですね。

Rkp :チーム全体としても、個人としても、去年よりまえよりどんどんレベルがあがってるので、
今年は1位を取りたいですね。・・・がんばります。

AKiRis :ほんとは辞めるつもりだったもんね。

Rkp :(だまってうなずく)

Yuti :Racpyが解散して、最初、自分と、SpyGea、NYAPPY3人ではじめて。アルカイド(EMのひと)さんをさそって、4人で。
誰かいないかなと思ってたら、Rkpが来てくれて、そしてアルカイドさんが抜けて、AKiRisが戻ってきた。
正直このメンバーじゃないとぜったい勝てないっす。

では、Yutiさん、最後に。

Yuti :僕自身、4年連続で世界大会に出ているので、
いいかげんに勝たないと(笑)
4度目の正直という感じで。韓国は今年セミプロ。
チャンスは絶対あると思います。
怖いのはタイ。過去世界大会で何度か戦ってるんですけど、
1度も勝ったことがなくて。

AKiRis :ほとんどフルボッコやったよね。

Yuti :うん、韓国のセミプロと台湾プロチームと、そのタイが相手だと思うんで。
あと1ヶ月くらいありますよね。 しっかり練習して今年こそ、優勝を狙います。優勝します。

頼もしい言葉ですね。今年こそ、優勝期待しています!頑張ってください。

名実ともに国内最強チームとなったUHS Athlete。日本代表決定戦で心身ともに疲れきってはいた5名の選手だったが、
その心の奥底には、世界大会優勝への決意が固まっているのを感じた。
彼らは必ずや日本に優勝の二文字をもたらすに違いない。

インタビュー:石川

twitter

Facebook

Published by NHN PlayArt Corp.
© Dragonfly GF Co.,Ltd. © 2011 NHN PlayArt Corp.

© NHN PlayArt Corp.

ジャンル シューティング・FPS・TPS
プレイ人数 無制限
プレイ料金 基本プレイ無料(アイテム販売あり)